FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず売れっ子になっときゃいいじゃん!

売れっ子になると・・・

・お金を効率的に得ることができます。

・不平不満がなくなります。

・人間関係が楽になります。

・生活がシンプルになります。

・休暇がたくさん取れます。


売れっ子は必ずしも競争の結果ではないのです。ここを勘違いするといけません。

結局他人は関係ありません。

会員数に比べるとドミナの数の方が圧倒的に少ないのですから。

30人の会員しか居なくて在籍ドミナが20人居たらドミナ間の競争になってしまいますが。


ドミナが(あるいは入店希望者)が望んでいることは同じことです。


出勤時間にきっちりと予約が入って、無駄な時間なく稼ぎたいってことです。

面接にくる人のほぼ100%がこれを望みます。

10時間待機して最初と最後の1本ずつ、計2本だったら、途中の時間が無駄になりますね。


100分のセッションを2本するとしたら、4時間あれば大丈夫でしょ?

昼ご飯たべてから、習い事に行ってから出勤しよう。夜はテレビ見たり友達と遊びたいので遅くなるのは嫌だし。

じゃあ、3時に出勤して7時に帰ろうっと。


これっていいですよね。効率的です。このパターンで週4出勤したら月の月収はいくらになるでしょうか?
100分×2本×4日×4週=月に100分セッションが32本です。バックが半分だとして15000円。それが32本ですから単純に月収48万です。(実際はもっと多いし、リピーターだと指名料がつきます。ティアラだと指名料が3000円ですから、全部リピーターだと指名料だけで3000円×32本=96000円。)

あるいは以下のパターンもありです。

ウイークデイはOLやってるので無理。

給料が安いので超勤なんて無理、だから日曜日だけ出勤してできるだけお金を貯めたい。

オープンラストで出勤して出来る限りセッションしたい。

130分が4本で約9時間ですね。日曜出勤するだけで月収が30万超えます。OLするのが馬鹿らしくなりますね。


お金のことをメインに書きすぎましたか?

これを読んだ会員の方々はあんまりいい気持ちはしないかもしれません。

でも、面接にくる人達ってみんなこんなような皮算用をしてます。皮算用と言っては失礼ですね、こうありたいと考えている、希望しているってことです。

面接では、週何日出勤したいか、希望の時間帯などもを聞きます。

どのくらいの収入が希望か聞くと、たいていは出勤時間帯にほぼセッションの予約が入っている前提になります。

そりゃそうですね。フルで10時間出勤します。70分1本で充分です、という人はいません。そういう人だったら2時間くらいの待機時間で出勤希望をしてきます。1時から3時まで働きたいとかです。

上記の2例のパターンは売れっ子になれば可能です。

だったら売れっ子になっときゃいいじゃん!

なるための方法は秘密でもなんでもなく、かつ特殊でもなんでもない。でも決して楽ではありません。

売れっ子になると・・・

・お金を効率的に得ることができます。
→至極あたりまえ。でも、上記の2例だとあらかじめスタート時に予約が入っていないと無理です。当日に予約を待っていたりだと半端に時間が空いてしまったりするのです。3時~7時の出勤で5時に予約スタートでしたら1本しか無理です。

予約が埋まる売れっ子ドミナは常連さんが必ずスタート時間に前もって予約を入れてくださったりのパターンが多い上に、その他の予約も前もって入るので順次予約を埋めるようにスタッフも配慮できるのです。前日までの予約がなく、当日に予約を待つ状態だと希望のスタート時間で予約を受けるしかありません。

前々からの予約が入りやすい状況にするには、リピートしていただく会員を増やすか、会ったことが無い会員であってもあなた自身に興味を持って予約を早く入れていただくために、メルマガやブログで自分自身に関する情報発信が必要です。(これは営業ではありません。いうなれば広報です。自己プロデュースの最初の段階ですね。)

それ以前に出勤日と出勤時間をきちんと守れないドミナに対しては、会員様もキャンセルされるリスクを避けたいので、前もっての予約を入れることはできなくなってしまいます。

・不平不満がなくなります。
→不平不満が出る環境は、暇であること、稼げないこと、これらが9割です。

・人間関係が楽になります。
→毎回忙しいので、人間関係ドウコウしている時間がなくなります。

・生活がシンプルになります。
→収入の予定が立つので、副業をしなくてもいいですね。それと忙しい人ほど時間が貴重ですから、きっちりとやるべきことの予定を立ててこなしていきます。

・休暇がたくさん取れます。
→貯金がないと休暇は取れませんね。働き続けないといけません。

という訳なので、絶対に売れっ子にならないと損です。お店がドミナに固定給や保証を出している訳ではありませんので、極論するとドミナ個人が暇であろうと問題ありません。

でも、売れっ子になって欲しいと思っていますし、そのためにいろいろ協力する体制はつくらねばいけないと思っています。

会員数がドミナ在籍数よりも何百倍も多いのですから他のドミナと競争というのも変な話です。自分自身が着々としかるべきセッションを続けていけば、自分に会ったM男性が多数おりますから下手な心配はする意味がありません。

環境のよかった時代は何もしなくとも誰でも次々と予約が入りました。5,6年前にはそのような時代もありました。それを期待してシオラに入店希望する経験者がおりますが、このブログで断言しておきます。シオラだからって入店すれば左うちわで楽勝で稼げるということは決してありません。

しかしあなたが本当にSMをやりたい、SMに興味がある、SMで自分を表現したいのならそれに応えて応援してくださる会員様は大勢いらっしゃいます。

もしあなたがテキトーに、かつ効率的に短時間、短期間でお金だけ稼ぎたいつもりなら、シオラほど目的に合わないお店はないと思います。

何もしないでただ予約が入るのを待ちたいとするなら、これまたシオラほど目的に合わないお店はないと思います。

ここ1年くらいは電話の本数が半分以下になりました。漠然とした問い合わせの電話が極端に減ったためです。予約に通じる電話数はまったく減っておりません。

今日どんなドミナがいるの?今から可能な人なら誰でもいいです!のような電話が大幅に減りました。

電話の8割以上が「いついつ誰々と○分のセッションを取れますか?」という予約確定のための電話になっているのです。これは初めてセッションするドミナに関しても例外ではありません。

皆さんは事前にウェブなどから情報を収集して、自分なりにドミナを決定しているのです。

これはお店にとって不利なようで、実は不利ではありません。

ドミナが自分自身の情報を開示していれば、そのドミナに興味を持ち、あるいは賛同できるM男性が予約を入れてくれる率が高いのです。相性が良いM男性が増えると、良いセッション、楽しいセッションが出来る確率が高くなります。

良いサイクルで回っていくのです。それがわかっている人はブログやメルマガを自分を知って貰う為のツールとして使いこなしています。それがなかったら、すべてのドミナはどういう人かをフロントが電話のみで伝えなくちゃいけません。

フロントスタッフと友達でしょっちゅう話したり飲みに行っているなら別ですが、そうでないならスタッフから会員に伝える情報の量や質は自ずと限られてきます。

自分のことは自分で自分の言葉で表現するのが一番です。ニュアンスの違いやミスリーディングなく直接M男性にメッセージを伝えることができるんです。

それがわかると、書かなくちゃダメなんだ、でも苦しい、書けない、やっぱり面倒くさい、という感情とは無縁になります。それが面倒くさいのならやはりシオラには向いていないのです。

また、どうしても顔出しができない人でもシオラでは決して不利ではありません。そのドミナの人となりをブログを通して判断して予約を入れてくださる会員様が多いからです。

逆に言うと顔だけ出してなんにもしたくない人には合わない店かもしれません。そういう人はいろんな風俗誌や雑誌にたくさん広告を出しているお店の方があっているかもしれません。

シオラではまず第一に会員様の要望を通します。具体的に言うと、会員様の希望するドミナが休みだったり、予約が埋まっていたりしたら、まずその旨を伝えて、会員様の返答を待ちます。

そのドミナとのセッションを別の日で予約を入れる会員様もおりますし、他に誰がいるかを尋ねる会員様もおります。他のドミナに関してもそのドミナが可能な時間帯を淡々と情報として告げます。フロントが下手に予約を操作しないような仕組みになっています。

予約が入っていないドミナになんとしてもフリーをつけろ!という方針の店もありますし、会員の目当ての女性がいなくとも予約を逃がすなという方針の店もあります。

シオラではそのようなことをしませんので、当日の電話が当日の予約につながらないことも多いです。暇だったら客をつけてよ!という希望の人にはシオラは向いていません。安定した収入が欲しい人にも向いていません。

顧客の希望を第一に考え、変な操作をフロントが一切しないということは、毎回予約が埋まって忙しいドミナがいる反面、毎回予約が入らないドミナもいるということです。

漠然と「どのくらい忙しいですか?」「どのくらい稼げますか?」という面接者の質問には上記のように答えています。

シオラは実力主義で正々堂々とやりたい人、フロントスタッフのセクハラや好き嫌いでどうこうされるのが嫌いな人には向いているお店です。(今は女性スタッフしかおりませんのでセクハラはないですが・・)

また「衣装や道具を貸して欲しいのですが」という質問には以下のように答えます。

「各自で衛生管理が必要な道具は使い回しすると危険ですので原則レンタルはありません。問屋さんからかなり安く買うことができます。消耗品は研修に必要ですので購入していただきます。」

「会員様は初回に入会金1万円、最短のセッションでも70分2万円、ホテルが5千円としても、初回に3万5千円をお支払いします。あなたがお金がない事情はわかりますが、お客様はそれなりの高級店としてのイメージを持っている方が多いので、ある程度の投資は必要になります。」

「高価なボンデージを最初から揃えろとは言いませんが、ランジェリーやエナメルのビキニでしたら高価ではありませんので揃えてください。ヒールなども安いので結構ですので、衛生面から新品のプレイ用のを購入してきてください。」

「ブーツやボンデージなどの衣装はレンタル品がありますが、お客様にはレンタル品の旨を必ずお伝えします。」

「研修に必要な消耗品は4,5千円くらいで済みます。そのままセッションでもずっと使えるボリュームがあります。もしあなたがそのくらいの金額も不可能でしたら、まずお金を貯めてから再度面接にいらっしゃってくださいね。」

以上は、面接での質疑応答でよく話すことですので、いづれブログに載せて、入店希望者の皆様に読んで貰おうと考えておりました。

希望者が面接に来てから、やっぱり私に会わない店だし、と考えたとしたら、無駄な時間を使わせてしまうことになります。

これからも面接シリーズは続けようかなと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。