FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を探している人 vs 自分を変えたい人

シオラでドミナを募集するときによく使うフレーズが『変わりたい』というフレーズです。

変わりたいと表明していても、実は『自分を変えたくない人』がいます。

『自分探しをしている人』に多いパターンです。

自分を変えたくないまま自分探しをしている人とは、具体的に言うと『今の自分が肯定できる場所』更には『今の自分がひょいと価値ある存在となれる場所』を探し続けている人です。

長年私はいろんなドミナと相対して来ました。

しかしドミナの要望を聞いてそれを実現するための働きかけや助力をしたり、機会や課題を与えたりしているのにもかかわらず、なぜか相手のドミナがそれを無視する、それを受け入れない、それを拒否する、それに対して非常に苦しがることなどが多々ありました。

そんなときは非常にちぐはぐな違和感を感じてしまいますし、本人が不本意なことを強制することもできませんし、そのまま半端な状態で終わることが多いのです。

今のままが嫌だからこうしたい、こうなりたいという要望に対し、そのためにやるべきことを中断したのだから、当然のごとく現状は変わりません。現状のままで良かったのかな?と思っていたのですが、再び『今のままは嫌だ』『こうしたい、こうなりたい』と要望をしてくるのです。

「えぇー。どうすればいいの!!!」

と非常に困惑するのですが、今ではその理由がわかります。

そのようなドミナに共通するのは、表面上では『自分を変えたい、変わりたい』と言うのですが、決して『自分を変えたくない人』なのです。

自分を変えないまま『環境や現状を変えてください』という要望だったのでお互いがちぐはぐだったのです。あるいは自分はなにもするつもりはないけど、なんとかしてくださいという要求だったのかもしれません。

一般社会からSMという世界に入ってくる人、特にプライベートや趣味などを経ずに、いきなりこの業界に飛び込んできてクラブに所属したい人、かつお金が目的ではありません、という人は『自分を変えたい』『自分を変えるきっかけが欲しい』人だと思い込んでいたときには、指導や研修においてちぐはぐなことが多かったのです。

短期間で収入がほしい、OLやるよりも高収入がほしい、と最初から目的や意識を表明してくれる人であればわかりやすいですし、そのためのフォローもできます。自由に使えるお金とまとまった休みが欲しいとか、留学や事業のためにシオラに所属する、あるいはシオラを利用するのもそれはそれでありだと思います。

お金のためというのは決してマイナスなことではありません。そういったわかりやすい目標を持っている人は、必ず頑張るし、一生懸命だし、自分でどんどん考えて動きますし、お金が欲しい反面お金の価値すなわちセッションにおいて支払われる金銭的価値とサービス対価を理解しているので、非常に真剣です。

ちょっと話が脱線しましたね。
(ここから先はあくまで私の経験と推論に基づく独断ですとお断りしておきます。)

『自分探しをしている人』は自分を変えたくないと思っている人が多いのです。それに気が付いていない人は『私は変わりたい』と思ってそのように表明しますが、本当は自分がしっくりいく場所、自分が輝ける場所を探しているのです。

「そんなことない。私は変わりたいと思ってる」という人もおりますが、自分の意思で自分を変えようと思って自分を変えるのってそうそう簡単ではありません。シオラの歴史始まって以来、そういう人は2.3人いたかどうかだと思いますし、とても強い意志と努力と必要性が備わっているケースです。

「シオラでは自分を変えたい人を求めています」とか言っておいて、変わるのは困難とか言って、なんか矛盾しているようですね。

確かに自分を変えたい、変わりたいという想いが入店のきっかけになる人は多いです。

そして、その結果大きく変貌する人も多いです。

そのような人の特徴は、いざ入店したら「変わろう」「変えたい」とはもはや考えていませんし、そんなことは忘れてしまっています。行動せずに悩むことはほとんどありません。

(行動して壁にあたって初めて悩みますし、その場合の悩みは非常に具体的なので解決策を示すことで次のステップへ誘導するのも容易です。)

学生だったり、OLだったりの人にとって、シオラに所属してM男性とセッションすること事態が既に考えられないくらいの環境の変化です。頭でどうこう考えて悩むよりも、毎日が興味と刺激の世界であり、それらを経験して、吸収して、はたまた今までの自分とのギャップや壁にぶつかって悩んだりして、それらを乗り越えるうちに知らず知らずに、元の自分とは大きく変貌した自分になってたりするのです。

いつのまにか変わってたという結果です。

時間がいくら経過しても「変わりたいんだけど変われない」という人は「変わりたくない人」であり「自分を変えたくない人」だろうと思うのです。

自分を変えることが良いのだと主張している訳ではありません。逆に、今までの日常で違和感を感じ続けていた人が、シオラに来たらしっくり、ぴったり行く場合もあります。これって自分は変わっていなくて、自分にあった環境にピタっと収まったパターンですね。自分探しの成功例とでもいいましょうか。非常にラッキーな例です。

このような例も多くありますので、自分探しをしたい人もシオラはウェルカムです。

本心から自分を変えたい人にとって、シオラはいろんなきっかけやチャンスがあるお店だと思います。

自分を変えたくないけど、今いる環境が自分がしっくりいかない人にとって、もしやシオラがベストの場所かもしれません。自分探しをしていて、本当の自分が出せる場所と言い換えてもいいでしょう。

もしあなたが自分を変えたい人で、シオラでなら変われると心底思ったのなら、知らぬ間に変貌していますからご心配なく。

ただ「悩みを相談するという名のもとのストレスの捌け口」はあなたが安心したいだけであって、変わる為の術ではないことを忘れないで下さい。
私が提供するトレーニングは、ひとつひとつこなしてゆけば悩んでいる暇はありません。あなたに悩む余裕があるだけなんですね。

ちなみに、難しい術や不可能なことは一切提供しません。普通に出来ることしか求めていません。
やれないのでなく、やらないという程度のことです。入店後、どちらを選択するかはあなた次第ですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。