FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドミナへシオラから求める最大で最初のこと

ひさびさの更新ですね。特に書くべきことがなかったのと、研修体制も充実してきて、年2回ものヨーロッパ研修が実施されたりで、リクルーティングにはおろそかになってました。

※※いつでも募集体制です。随時面接受け付けておりますよー※※

こういうときにはあえて初心に戻らないといけません。

ドミナそれぞれに初心は存在します。シオラからドミナへ求める初心すなわち【ドミナへシオラから求める最大で最初のこと】は、『一般社会人としての常識』のみです。

セッションの実力や美貌よりも大切なことです。

端的にいうと、自分で決めたシフトは自分できちんと守りましょうってことなのです。そして(いわゆる風俗的緩さを求める人は他をあたってください)というメッセージでもあります。


数日前に美容院に予約を入れました。担当美容師が休んじゃいました。
数日前にレストランに予約を入れました。急用でレストラン休みでした。

こんなのがまかり通っていたら一般社会は成り立ちません。風俗だからそんなの守らなくていいじゃん、美容院やレストランの予約と一緒にしないでほしいわ!という人はシオラとシオラの会員には受け入れることはできません。

ドミナの皆さんは、美容院やレストランの予約と同じ意識で会員様の予約を受け止めてください(あたりまえですね)。最大で最初のことはそれだけです。

美容院やレストランの営業時間のように、自分のスケジュールも守りましょう。シオラの会員様は非常にきちんと予約を守って下さいますので、ドミナだけ緩いのは許されないということです。

あたりまえなことを求めるだけですので、出勤に厳しいという言い方はすごく変なのですが、この業界には緩いことが常識という面もありますので、厳しいという言い方になってしまいます。

シオラでは性善説と自主性を重んじますが、いつでも自分を律することが出来る人と、つい緩い方へ引きずられてしまう人がおります。

緩い派が多数になってしまうと、お店全体の雰囲気もオーラも非常に悪いものになりますし、気のゆるみが当たり前になって、事故なども起きます。

そういう兆候が見えるとまずは警告を出しますが、警告でだめなら、仕方がないので罰則を一定期間を設定します。みんなが出来るようになればまた自主性を重んじる体制に戻し、罰則を外します。

罰則は時限立法的に運用するか、改善が見られたらすぐに外さないと、罰則だけがどんどんつみあがっていき、あれやるなこれやるな、無難にやろう的な空気が蔓延してしまい、活力が失われます。
それでは面白くありませんし、シオラの本意としては避けたいことなのです。

心(意識)が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣(生活)が変わる。
習慣(生活)が変われば、人柄(人格)が変わる。
人柄(人格)が変われば、運命が変わる

野村監督の言葉でしたっけ?

確かに行動が(悪い方へ)変わってしまった時は、既に心(意識)が悪い方向へ変わってしまった後です。そうなってしまうと、言葉などで相手に訴えてもなかなか効果が上がらない状態ですので、無理矢理罰則などで行動を変える方向へ持って行きます。

放置すると行動が習慣になって、人格、運命へと変化が及んでしまって、そうなるともう修正不可能です。

行動を無理矢理変えると、結果が良くなって、結果が良くなると意識も変わりますから、そういう意味では強制的な方法も非常に効果があるんだろうと思います。

すべてが良い方向へ向かっていたのに、出勤に緩くなって自滅していく例も多くあります。まず最初に悪い兆候がでるのは出勤を守れるかどうかです。

その点ではシオラにはBBSやNEWSなどがありますので、毎日閲覧している会員様達はスケジュールが守られているドミナといい加減になっているドミナを選別しているのだろうと思います。やはりきちんと出勤するドミナの方が良いセッションの可能性が高いのも経験則として理解されているのでしょう。

家庭や学業や本業でどうしてもというのは仕方ないと思います。またシオラではそういったことに関しては極力ドミナの要望を通します。二番目にシオラを位置づけてくれれば、そのドミナは十分良いドミナになることができます。

本業があります。趣味も大切です。ですから、本業と趣味を優先させて下さいという、三番目の位置づけ希望の方はシオラをご遠慮していただきたいと存じます。

本業より下に置くなという意味ではないのです。ミュージシャン、俳優などを目指していて、金銭面でシオラへ所属する人もおりました。夢を叶えるための行動を優先するのは構いませんというか、協力させて欲しいと思います。でも二番手にシオラを置いてさえくれれば、十分に良いドミナになれると思います。

夢を叶えたり、夢の実現へのステップが可能になって、シオラを卒業したドミナ達も多くいますし、そのようなドミナ達はシオラでもとても努力して一生懸命で、何かをつかんでいってくれたと信じています。

たとえ在籍が数ヶ月であっても、そのようなドミナ達は長く会員様の記憶に残っていますし、シオラのイメージをつくってくれた存在なのだと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。