FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新画像と苦労買います。

Rie ASAGIRI blog より抜粋

*********************

スランプだって話は書いたわよね?

帰国してからやればいいって、
みんなそうしろって言うのだけど・・・
やりたいことを表現できないって気持ち悪い!
胃の中に大きな石が詰まっているみたいだわ!

人々は損をしない為に余念がなくなった。
事前の情報収集、願望はどこまで叶えられるかの調査。
世界的に不景気だし、その気持ちもわかるから、
私たちも全力を尽くしたいと思う。
けれど、全てがクイックリーになって
BDSMにまで無茶なクイックリーさを求められることもある。

でも、プロセスや気持ちも大切じゃない?
一番大切なのはセッションをするあなたと私。
できあがった世界の上にのるのではないの、ふたりで作るの。
積み重ねなければ叶えられない願望だってあるし、
ドライブスルーでハンバーガーを買うようにはゆかない。
見えないものを作ってゆくのだから。
それを築いてゆくのも遊びのひとつでしょう?

・・・こんなことを書きたいのだけれど的確に表現できない。
・・・ん?これでいいかしら?
何となくおわかりいただけるかしら?

ここ数年のBDSMを知っている方々はみんな言う。
「○年前のM男はよかった。」
「○年前の女王様はよかった。」
私は意地でもこんなことは言いたくないわ。
過去にあったことって自分の力も及んでできたこと。
昔出来たのなら、今だって出来るわよ。

でも、一種の不便さや窮屈さを感じているのも認めざるを得ない。
言いたいことは簡単なこと。
評価を気にしたり、高く評価される為にBDSMやるなんて馬鹿みたい。
セッションするお互いが一番大切。
お店のアルバムでしか情報を得られなかった不便な時代の方が、
自由であったのではないか?
雑音もなく、お互いの足並みを揃えて、時には無茶もして、
セッションできたのではないか?

断片的に言うとそんなこと。
だけど、それが言葉にならない。

本当にクイックリーに願望を叶えることだけを考えるなら
とっくにトッピングSMクラブを作っている。
鞭いくら。蝋燭いくら。顔面騎乗いくら。
M男性にとってはご褒美だけのトッピングが可能で、
全て予定調和ですすむパラダイス。
トッピングメニューに従えばいいだけだから、
BDSMを理解しようと思っていない女の子にだってプレイはできる。

そうすれば、ミーティングだのトレーニングだの必要ないから私も楽。
4ヶ月に一度の血液検査も義務付ける必要もないし、
縛れないならトッピングメニューに入れなきゃいいし、
女の子も頭使わなくていいから楽でしょう。

・・・けれど・・・面白くないわ。
そうするくらいなら苦労を買います。
エゴとエゴのぶつかりあいも面白いものよ。
とことん古典とアナログでいきます。
そんなわけでネオクラシシズムBDSM。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。