FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鞭について書いてみよう!1

最近、シオラーズ達のブログやメルマガで鞭についての文章を見かけます。藤子さんのブログで所有道具の紹介に鞭があげられています。
http://blog.livedoor.jp/fujikosiora/
シオラのメルマガではエミさんが鞭プレイについて書いています。

二人ともキャリアが浅いと思えないくらい鞭についての捉え方が深く、楽しそうに取り組んでいるので、こちらが感じるものも大。
こういう手応えは久々なので、今まで書かないようにしていた鞭について書いてみようと思います。(書かないようにしていた理由は数回のちに。)

表面的なものだけみれば、最初から鞭の強いM男君を用意して乱打すれば「鞭をやった錯覚」はお互いに得られます。
そこには知性もスタートラインも何もないわけですから簡単ですし。
みんながその行為に対して深く考えなきゃいいだけですからね。

しかし、これでは鞭の「一番美味しいところ」が味わえないような気が
します。鞭って多くの誤解を受けている道具ですが、その誤解はこういったところから生まれていると思いますし。

以下はエミさんが書いたシオラのメルマガから抜粋したもの。
『 鞭は耐えれるけど、あまり好きでは無いというM男性に、鏡の前で、軽く、バラ鞭を打ってみました。鞭を打たれる事の気持ち良さを、少しでも感じて欲しいという、気持ちを込めて、ゆっくりゆっくりと優しく‥。私の楽しみの為、最後の1発だけ、強めに打ちました。 』

【つづく】

《ドミナ裏話》
数日前、鞭についてエミさんから質問があったのですが、その時の会話から何かヒントを得たのか、うまくセッションに表現していると感心。
紅緒さんの鞭もすごく感性豊かですが、そんな風に成長なさるのかしら?藤子さんが入店したての頃、1本鞭か購入の相談を受けました。
その時、鞭の話をした時の藤子さんの目が凄い勢いでキラキラしていたの、今でもよーく覚えています。

<朝霧リエのヨーロッパ通信(メルマガ)より抜粋>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。