FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人研修は放置プレイ?

新人研修は基本的に本人のスケジュールに合わせて行われます。昼の仕事があるかたは夜の限られた時間しか取れないでしょうし、土日しか時間の取れない方もおります。

初期研修が終了すると、会員様のご希望やご協力をいただき、先輩ドミナのセッションを見学します。見学といいましても、ただ見て実際のセッションを知るだけでなく、先輩の指導による実地研修的な意味合いもあります。

研修はどのくらい必要ですか?としばしば質問を受けます。
初期研修はカリキュラムの総計時間がだいたい決まっております。終了までの期間は、本人のスケジュールによります。早い人で1週間、集中して終わらせることも可能です。

個人差があるのが見学回数です。経験者の方は別にして、未経験入店の場合は個人差があります。
じっくりと見学をなんども経験し、自信がついてから独り立ちする方。見学回数は少ないけどとりあえず独り立ちして実践のセッションをやってみようという方。人それぞれです。

さてその後ですが、基本的にお店からあれやれこれやれとうるさくはいいません。もちろん必要な指導やプロデュースは行いますが、行うというよりも働き掛けるといった感じでしょうか。日常会話や遊びやイベントのなかでいろんな示唆をします。

自分で感じて、考えて、自分で興味を持ったことは自分で調べればよいし、聞かれればもちろん教えます。手取り足取りで、今回はこれ、次回はこれ的な指導を予想していた方には、独り立ち後は放置されている気分になるかもしれません。

本人の個性と元々備えている本質的なS性を損なわないように。必要最小限のこと以外は強制でなく働きかけ、あるいは示唆を与えるにとどめます。

やみくもに答えだけを覚えさせる指導、こういうときはこうやれ、これはやっちゃだめ、このようなきめごとだけを教え込んで行く指導では型にはまったセッションしかできなくなります。
働き掛けや示唆に敏感に反応し、興味をもって調べ、考え、それでも不確定であったり、不明なことはどんどん質問してください。

放置されていると感じるか、自由にさせてもらえていると感じるかはあなた次第。

ドミナとしてどちらが相応しい性質かということです。

縛りでも、基本的なことをマスターしておいて、あとは別のことをどんどんやっていこうという人もいれば、縛りに興味をもって緊縛技術を高めて行く人。それぞれが個性になります。

何年たっても新人レベルの緊縛技術だったりだとさすがにみっともないかもしれませんが、それもまた個性であれば、それもよしっ!縄が苦手ならば人より多く拘束具の使い方を覚えればよい。縄より嵩張るけど面倒がらずにセッションに持参すればよいのです。

充分ににカバーできる”確実かつ具体的な”何かがあれば、欠点も個性になると思うのですがどうでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。