FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お食事会を重視する理由

素晴らしいレストランを訪れた後にこう言うのは説得ありませんが、私はグルメではありません。食よりも建築や空間を楽しむのが目的です。
ひとりでも行きますよ。さびしくない?と質問されますが、ひとりで優雅な空間を独り占めですから贅沢ですよ!(邪道かしら?)

シオラでは時々、素晴らしいレストランでのお食事会を催します。
こういったことは芸術に親しむ一環だと考えているからです。
SM嗜好をお持ちの方、シオラの会員様の多くは芸術の感性豊かです。
プロのドミナであれば、こういったものの感覚の理解は必須でしょう。

しかし、美術館や音楽を聴きにゆくことだけが芸術だとは思いません。ヨーロッパでは建築も芸術のひとつとされているし、私もそう思います。素晴らしいレストランの多くは建築や調度品も比例します。
だから素晴らしいレストランを訪れることは、身近な芸術を楽しむことだと思っています。

また、日本人はサービスを受けること、使用人をつかうこと、エスコートされたりしたりが下手だとよく言われます。
耳にしても実感はなかったのですがベルギー生活の中で実感することが多々ありました。・・・SMを楽しむには知っておいた方がいいことばかりなのに苦手では勿体ない!と思いました。

私の家は一流レストラン、高級ホテルを頻繁に訪れるほど裕福ではありません。父は私に芸術の素晴らしさを教えてくれましたが、その父が知識を得たのは本からです。今では大衆芸能すら手近にあるとは言えませんし。恵まれた、そして、芸術への理解が深い家庭にでも生まれない限り、多くの人々は芸術の中ではなく、芸術の隣で育ちます。

しかし、多くの人はそういった家庭に育つのではないでしょうか?
だから、素晴らしいレストランで空間を楽しみ、サービスを受けることは、芸術の感性とエスコートされることの楽しいトレーニングになるのでは?と思うのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。