FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

鞭について書いてみよう!18

背中打ちの場合、頻度が高いMには背骨と平行に、
あまり背骨に当たらないように心がけていました。
頻度が低いのであれば、背骨を跨いでも問題なしと判断していました。

また、何でも慣れが来るように、ハード鞭にも慣れがやってきます。
最初は傷が治るまで2週間、3週間を要していたのに、
3日で治るようになったなど、ご経験ある鞭好きもいらっしゃるのでは?

これがエスカレートすると、皮膚が鈍くなるようでした。
鞭に強くなったのではなく、鈍感になった、壊れてしまっただけ。(笑)

こういった性感帯を壊すことでエスカレートするプレイは、
後のケアをせず、ハードな乳首プレイを重ねた場合にも見られます。

何の計算もなく誰にでも出来るので、新人1年生を終えた時点で、
これではつまらなくなりました。
そんなわけで、背中の性感帯を壊す前に、ハードな鞭打ちをひかえて、
エスカレートさせ過ぎないように操作しておりました。

M側からしてみれば、病みつきになった快楽のお預けを受けるわけですから、
余計なお世話でしょう。また、放置しておけば、鞭に強くなったと勘違いし、
喜んでいるMもいるから楽なんですけどね。(笑)

それはそれで有りかな?と思うのですが、
残酷プレイを一通り楽しんだ後は、出来る限りダメージを少なく、
ハードプレイを楽しみたいと思うようになりました。
そんなわけで、ここに書かれているようなことを意識し始めました。

でも、教科書がないのがSM。
正しいことなんて必要ないし、何が正しいのか私だって自信ない。

正しいことをする必要がない=タブー・・・がSMなのですから、
答をひとつにせず、自由に楽しくやって下さいね。それが大切だと思います。

0 Comments

Leave a comment