FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

鞭について書いてみよう!14

今相手が抱いている感情や感覚への想像力、それらをより高めるアプローチ、一線を越えさせる為のある種の残忍性。
言葉なくとも同じビジョンを展開してゆける同調が必要なわけ・・・
簡単に言うと、タイミングや波を読む勘の方が大切だし、難しい。

これらは鞭に強いMで練習しても、学ぶこと、感じることは出来ない。
ただ鞭を打つだけの行為なら、ウィップクラッキングの方が練習になる。

今現在私から1本鞭打ちっぱなしを受けているMだって、最初はバラ鞭すら駄目って人も多かった。

S女性の多くは鞭に憧れるし、やってみたいと言う人は多い。
やっぱりかっこいいしね。かつての私もそう思っていたし。

でも、ここは鞭を打つ行為に憧れるだけではなく、言葉を使うように、Mと足並みを合わせる為の術と考えてはどうでしょう?
それだけで波が見えるようになる。

Mの波っていうのは、ある一線に達するまでは思ったよりゆっくり。
S側の鞭を打ちたいという気持ちの方が早く高ぶりを見せることが多いです。
それが、SとMの間のすれ違い、Sは鞭を打ちたがるけど、怖がるMが多いっていうありがちな図式になっているような気がします。

だから、鞭の強いMに、無意味が鞭打ちの練習を重ねるより、ただ鞭を打つこと自体のスキルよりも、タイミングや波を見る勘を磨いた方が良いと思うのです。

0 Comments

Leave a comment