FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

外国のお客様の努力に脱帽。

最盛期はシオラのドミナの半数近くが英語対応可能でした。現在は英語対応ドミナが通常よりもかなり少ない状態。
そのような状況では、外国人のお客様側から、英語があまりしゃべれないドミナとコミュニケーションを取るにはどうすれば良いかと様々に努力する姿勢が目立ちます。
例えば、メールで自分の嗜好やプレイの流れを長文で送ってくださり、それを訳してドミナへ渡してくれるように頼むお客様。
自分が言いたい言葉や簡単な文章を英語で送ってくださり、それに対する日本語をローマ字で書いて送ってくれるように頼む方。自分から日本語をしゃべろうとしているのですね。
お客様側からコミュニケーションを取ろうとする姿勢に甘えるのは楽ですが、それではいつまでたってもドミナの英語能力の進歩はありませんし、結局外国人のお客様の方が疲れてしまいます。
実はドミナよりも外国人のお客様とプライマリーで対応するフロントスタッフの方がずっと早く語学が上達するケースがあります。3月まで働いてくれたMさんはまったくしゃべれずに当初は外国人客の電話には恐怖を抱いておりましたが、1年で見違える程英語が上達しました。ドミナだったら英語対応可のレベルです。地道な努力は大切ですね。

現在は英語堪能な女性スタッフ2名でほとんどの曜日をカバーできておりますので、外国人のお客様にとっては安心してセッションの申し込みが出来る理想的な状態です。
不足しているのは英語対応できるドミナ、英語が上達するポテンシャルと意欲があるドミナです。専門用語に関しては、日本語と同じクエスチョネアーが用意されておりますので、セッションの前段階で外人のお客様の嗜好やNG項目を日本人のお客様と同じレベルで把握する事が可能です。基本的なコミュニケーションが図れるレベルで十分セッション事態は成立します。

将来的にラ・シオラから海外のSMクラブへ羽ばたくようなドミナがいても、それはすごく楽しみで素晴らしいことだと思います。

0 Comments

Leave a comment