FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のtwitterまとめ/ドリームキラー編

彼氏の器が小さいがゆえに、SMをするのに堅苦しい思いをしているドミナも過去には多く居りました。SMを秘密にせざるを得なかったり。一方で好きなようにやればいい、応援するよ的な包容力のある彼氏も居ります。

身近で影響力のある存在がドリームキラーだと一生の可能性をかなり狭めることになりますね。その存在を選んだのも自分自身の責任だ、、、と言うより、そのあたりには運というものが大きく介在するような気がします。

・日常の延長にあることなど願えばすぐに叶う。叶わないのは心の奥底で実現を疑っているからだ。

・願い続けて三ヶ月経つと実現へ向けて勝手に動き出す。動いて三ヶ月でいつのまにか実現する。なんにでも成功する人はこの事実とうまくやるコツを知っている。

・世の中のほとんどの人はこのようにはなれない。願い続ける最初の三ヶ月で身近にいる[善意]のドリームキラーたちから総攻撃を受け続ける。これに勝つのは容易ではない。

・自分自身がドリームキラーになっていることも多い。現状維持を望みドリームを殺す。現状維持を望ませる最も多い原因は彼氏彼女の存在だ。もちろん彼らがドリームキラーになることも多い。

・日常を大きくステップアップするときに彼氏彼女が変わる例の多さがそれを示している。学生から社会人になるときなどだ。だがドリームキラーでない彼氏彼女を得ているなら、それはもはや恋愛ゴッコの相手でなく、ソウルメイトに相応しい相手だろう。

・日本では幼稚な男が、自分の彼女のdreamをことごとくkillしているようだ。これは年齢を問わずだ。ドリーム終了の妻子持不倫オヤジが若い彼女に依存してドリームキラーになる例は最悪だ。どうせならドリーム実現のスポンサーになってくれる器の大きいオヤジとつきあえばよい。

・ドリームは他人に内緒で。他人にいう暇があれば、自分で何十回も唱えるべし。これはコツのひとつである。うかつに漏らすとドリームキラーがやってきますよ。

ワクワク『したい』人募集!

夢見る夢子ちゃん、やる気のあるメンヘラーの方は遠慮してください。

ワクワクは願えば降ってくるものではありません。それを求めると相手に多大な迷惑がかかります。

ワクワクまでの道のり途中にはハードルがあることを理解していることが前提条件です。

SBSH01711.png

↑この方々はただワクワクを待っていてもOK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。