FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

非現実が現実のリアルを超える

現実に生きている空間の現状は、物凄い圧倒的な情報量を持っています。やっぱり物理的にリアルで体験したことの方が、空想したことより強いです。

でもリアルの現状を超える非現実ってありえますよね。非現実の方により多くの臨場感を感じることがある。

映画の中で彼氏と別れた主人公に感情移入して泣いてしまう。よくよく考えてみたら、1週間前にリアルの彼氏と別れた時よりも、映画の方が悲しく思え激しく泣いていた。

家で飼っていた犬が死んだ時より、パトラッシュが死んだ時の方が悲しかった、、、等々。

非現実がリアルの現状を変えることもあります。

ひ弱で頭でっかちで将来は堅実な会社員になって無難に事務作業をして過ごしたいと思っていた子どもが、映画の主人公に影響されてプロボクサーを志し、実際にチャンピオンになってしまうとかですね。

非現実が物理的なリアルの現状を変えることがあるけど、実際はそのような人は少数です。リアルの現状の方がずっと重いので、そっちに引きずられてしまって、リアルの現状の現状維持機能ばかりを、潜在意識に発揮させているのですね。

毎日の通勤、仕事、彼氏との逢瀬もリアルの現実です。重くて強いんです。ストコーマを外そうとしてもすぐに元に戻ってしまうってことです。

ドリームキラーという人々も多く存在します。厄介なことに親しい友人や彼氏彼女がそういった存在になります。そういった人々はあなたと一緒の空間に居たいと思っている。あなたが現状を維持することを望んでいる。

だからあなたを現状に引き戻そうとします。今の環境から大きく離れたステージで実現するものは否定する。

ドリームキラーの彼女は、サッカー部でレギュラーなるのは歓迎します。現状の延長にあるから。

プロサッカー選手になろうとか、さらには本場ヨーロッパで活躍しようとかが、いわゆるドリームです。そのために動き出すと足を引っ張り現状に戻そうとする。

同じくアイドルになる夢を語っているうちは応援していた彼氏も、実際にスカウトされて上京するとなると、足を引っ張るような言動や行動に出る。いっしょの現状に居たいからです。親も同様です。

ドリームが実現すると、今の友人や彼氏彼女との関係も大きく変わります。だからそういった人はあなたとのイコゴチが良い今の現状を変えたくないので、あなたのドリームを実現しようとする意欲をことごとく殺そうとします。

ドリームキラーの所以です。

自分でもそうしたことをやったかもしれない、そういったことをやられたかもしれない。物理的現状のリアルは年数を重ねるほどどんどん重くなっていく。

食っていくために夢を諦めるってのもそうですね。

物理的な現実のリアルに対抗するなにかがないと、現状を大きく離れることはできません。

そのために夢や理想をイメージします。

でもなかなか続かない。いつのまにか現状維持。イメージしても臨場感が持てない、持てても続かない。

臨場感もそうですが、ストコーマを外すのも、夢を実現するフィルターをつくるにも、リアルの現状に押しつぶされない訓練が必要かもしれません。

訓練をしないでいると、毎回毎回『決意を新たにする』ことを繰り返しているはめになる。

旅先や映画や小説で物凄い感銘を受け、それが現実のリアルを超えてしまった!そっちの方に強い臨場感を持っている!とかいうラッキーな人意外は、やっぱり訓練をしてみる必要があるかもしれない。

非現実がリアルの現状を書き換えるためには『決意を新たにすること』よりも、先日のブログにかいたように、ストコーマ外しのために上述のカフェで『小さな訓練をしてみる』ことの方がずっと効果があります。

-----------------------

以下は知人が話したことです。

その知人が効果があると薦めているのが、苫米地英人先生の「夢が勝手にかなう手帳」です。


夢が勝手にかなう手帳2012 (Club Tomabechi)夢が勝手にかなう手帳2012 (Club Tomabechi)
(2011/12/13)
苫米地英人

商品詳細を見る


知人曰くぜひ2011年度版をも同時に手に入れて欲しいとのこと。


夢が勝手にかなう手帳2011(Club Tomabechi)夢が勝手にかなう手帳2011(Club Tomabechi)
(2010/12/25)
苫米地英人

商品詳細を見る


2011年版には1ヶ月ごとの訓練のスケジュールがあり、結構大変だけど(そのため2012版には省かれた?)やってみると効果があとから知らずして出てくるとか。

そのうちのひとつ、現状のリアルの臨場感を移し替え、将来のイメージに臨場感を持つための訓練を紹介します。

例えば、カフェでコーヒーを飲みます。その味とか色合いとか匂いとかをそのまま将来の夢実現後の自分の姿に移行してイメージして、将来の姿に臨場感をもたせる訓練とかです。

スタバで飲んでいるコーヒーを、そのまま海の見える20階の部屋のバルコニーにて、寝起きのガウン姿で飲んでいる。そのコーヒーは今スタバで飲んでいるコーヒーの味、色合い、匂い、のどごし、等々全部移行して感じるようにする。

お金持ちになってリタイアして、海の見える20階のバルコニー付きの部屋に住むのが知人の目標だそうで、それが実現した時点に現在のスタバのコーヒーの臨場感を持って行って、将来の自分のイメージにも臨場感をもたせる訓練だとか。

実際にこれをその月の課題として30日間毎日やるのは至難の業だったとか、、、でもやったらしいです。。。

夢が実現したイメージに臨場感を持ち続ければそれを潜在意識が現状と勘違いして、それに向かって動きます。ストコーマが外れ夢実現に向けたいろんなものが見えてくる。

そのための訓練(これはSMのセッションにも応用できます。優秀なドミナはこういった臨場感の移し替えが出来る人です。これができないと「SMごっこ」を繰り返すドミナとなります。その辺は次回書きます。)

正直「夢が勝手にかなう手帳」を見た人は、失礼ながら90%の人がアホらしいと思うかもしれません。実際に買った人でも10日続くのが稀かも。

これをアホみたいに365日続けた知人が言ったのが、叶うべきゴールを書き続けて3ヶ月経つと、それに向けて自然に動いている自分がいる。さらに半年後には不思議にそれが実現していたらしい。

実現するためのいろんな情報が目に入る、耳に入る、そのために自然に動いている。面倒とか苦労でなく、動くのが愉しいから自然に行動したけど、はためにはよく頑張っているなあと移ったかもしれない。でも頑張ったとか努力したとか言う意識はないみたい。

まあ、頑張れ頑張れ、努力努力って言い続けていることって、あんまり実現してないですよね。将来のイメージよりも現実のリアルに臨場感を持ってしまうから、そういった発想はいけないんですね。

はためには努力してると見えるけど、本人は夢中になって、自然に一生賢明になって、楽しくて続けたことは叶っている。そういうときって将来の実現した姿に臨場感を強く持ってませんか?

でもまあ、そのためにも小さな訓練をやっておきましょう。

もしあなたがこのブログ記事に賛同できるなら、よし明日から頑張るぞ!と『決意を新たにする』する必要はありません。5分後に『小さな訓練』をやってみましょう。