FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想実現のパターン

夢実現の具体例をお話します。

旅行に行くと、空港のチェックインカウンター、イミグレーション、ホテルのチェックイン、レストラン、パスポートなくした等々、いろんなトラブルが発生した経験がありませんか?

英語ができないと、かなり苦労しますよね。言うべきことがいえないで涙を飲んだこともありませんか?

英語で文句をまくし立ててる人がいい目を見て、何もいえない自分がワリを食ってるとか。


英語ができないために、あんな嫌な思いをした。

だから英語を勉強しなければならない(should)


このパターンで英語を勉強しようとしても楽しくない。勉強するたび、それどころか勉強する前にモヤモヤっとして勉強したくなくなる。

あんな嫌な思いをを毎回思い出しちゃうのも勉強へのプレッシャーになる。


中には旅行をきっかけに英語(に限らず諸外国語)を猛然とかつ楽しく勉強してマスターしちゃう人もいます。


例えばフランス語としましょう。

旅行先のパリで現地ローカルと知り合って愉しい想いをした。いっしょに夜遊びして盛り上がった。だけどローカルも英語があまり喋れない人だった。

もっとフランス語ができれば、もっとコミュニケーションがとれて、もっと楽しかったはず。あのときウニャウニャってフランス語で言われたけど、いったいなんて言ってたか知りたい。

だから次回のパリ旅行では、フランス語でたくさんしゃべって、もっとたくさんコミュニケーションしたい。そうすればもっと愉しい旅行になるはずだ・

そうなると自然に勉強しちゃいますね。勉強するたびに愉しいことに近づいていく。愉しいイメージをしながら勉強するから苦しくない。

こういうのは積み重ねが辛くない。むしろ愉しい。

次回旅行に行くだけでは満足できない。ずっとパリにいたい。

日本にいること自体が心地よくない。

パリにいる自分をあれこれ想像すると非常に心地よい、愉しい。

あそこのカフェで朝食を食べて、あそこのレストランで夕食、そして仲間とあそこに遊びに行く、等々。

強烈にパリに住みたいと思う。パリにいない自分など自分らしくないと思う。


パリに住むためにはどうすればいいかと悩むことはない。

いつも通勤で歩いていた道で、なぜかやたらとフランスにまつわる看板が目に入る。フランス語学校とかフランス語の名前のレストランとかカフェ。

本屋でもフランス関係の本ばかり目に付く。「フランス・ロングステイ」「パリで働こう」そんな本ばかり目につく。

しょっちゅうランチに行くレストランのフランス語名が気になる。

「トゥールダルジャン」という店。いままでは「あっそう。ふーん」で終わっていたけど、トゥールダルジャンの意味ってなんだろうと知りたくて仕方ない。

家に帰って調べてみる。「La Tour d’argent(銀の塔)」、そうかそんな意味があったんだ。

レストランのウエイターがフランス人だ。いつもランチに行く店だし、挨拶くらいはフランス語でしてみよう。

こんにちわって「ボンジュール」でいいんだっけ?

「ボナペティ」っていつも食事前に言われるけど、それってどういう意味?

調べてみると、Bon Appetit =「召し上がれ!」って意味だった。

まあこんな感じの勉強って苦になりませんよね。悩む前に毎回不思議にやるべきことが見えてきます。そして自然に動く。

フランス語学校に入り、フランス語も上達する。

ウエイターといつの間にかフランス語でしゃべっている自分がいる。

レストランのフランス人仲間のホームパーティに招待された。そこにパリで店をやっている人がいて、フランス語をしゃべれる日本人スタッフを探していた。

・・・・・・・

なぜか明日パリへ行くスーツケースのパッキングをしている自分がいる。


まあ上記は想像ですが、フランス語がしゃべれないままでは、そのようなチャンスは来ない。もし仮にホームパーティまで行きつけたとしても、その先のチャンスはない。


上記の話は創作ですが、仮にホームパーティに招待されるというチャンスがなくとも、

なぜか明日パリへ行くスーツケースのパッキングをしている自分がいる。

に不思議に行き着くものです。

そのためのすべての方法が自然に見えてくる。そして自然に行動する。


ハイ、ここで少々リクルーティングをば。


あなたがシオラに入店してこうありたいとイメージすることは何ですか?

あなたがシオラでないとだめな理由、シオラでないと実現できない目的は何ですか?

そのイメージや目的は本当に自分の理想ですか?そうならないと心地が良くないですか?

それらを実現するために何をシオラでやりたいですか?そのために今できることは何ですか?

シオラにそれを実現するための要素は存在しますか?


上記それぞれに明確な答えとイメージがあればきっとうまく行くはずです!

もし自分がバッチリ該当する人なら、自然にシオラに面接を申し込んでいるでしょう。

将来の大きなイメージをもって、大きな白紙のカンバスに、これから自由に絵を書きたい人、そんな人を募集しています。

イメージのある白紙のドミナを募集しています!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。