FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

反省しちゃダメ!/私らしくなかったね!

悪い意味での反省、良い効果を産まない反省を、子供の頃からの教育によって叩きこまれていませんか?

『反省する』ことで『失敗した』ことを強く意識してしまうと、無意識はそれに向かって進みます。


しちゃいけないとわかってたのに、、、どうしてまたやっちゃうの!!???


こんな経験ってありませんか?

じゃあ失敗した原因を知らないままにしておけばいいの?それじゃあ改善しないし、同じ失敗をするんじゃあないの?

確かにそのとおりです。

失敗の原因や問題点は知っておくべきであり、それを今後に活かすべき。


でも反省しちゃダメ!


そういう時に使う魔法の言葉を紹介します。


自分らしくなかったね!


失敗をした、うまく行かなかった、原因は◯◯だった etc,etc,,

あれは私らしくなかったね!今度からそんなことはしないようにしようっと!

そんな感じで留めておくといいです。

私らしくなかったことだけに意識が向かないようにして終わらせましょう。


そのためには、

私らしいってどういうことか!?

そういうイメージを持っておかないといけませんね。

私らしいイメージ=自分の理想


があればイメージの構築は容易です。


前回の記事で書きましたが、

反省した後の思考回路は、

~~しなくちゃいけない(must)
~~するべきだ(should)

になってしまいます。

そうやって思ったことを実現するのはなかなか難しい。裏で失敗の体験を強くイメージしちゃうのです。失敗を強く思い出し、意識しながら、そうならないように行動しようと思っても無理。


『☓☓にならないために、これから~~しなくちゃいけない』

☓☓にならないためにってのを意識してイメージしてますよね。


☓☓をイメージすると ⇒ ☓☓に向かってしまう。


ハイ、ここで☓☓を意識から飛ばしちゃいましょう!


あれは私らしくなかったね。


そして、


私らしくあるべき姿、理想の姿をイメージします。



そうあるためには、~~すれば良い!って意識にする。



でもね、~~すれば良い!では実現しない可能性が高い。



『こうすればいい』『こう行動すればいい』という正解が見えます。でもそれだけでは潜在意識の現状維持機能にやられてしまいます。行動しないうちに終わってしまう。行動させないように潜在意識が動く。


それを解決するためには、


潜在意識が動き始める前に、強引に行動して既成事実を作ってしまうこと。

ほんの少しの行動でもいいので既成事実化する。

ほんの少しの行動を強引に積み重ねていく。



ほんの少しの行動=現状となります。



前回の記事ではこのあたりで終わっちゃったかもしれません。


もうわかりましたね、現状にしてしまえば勝手に潜在意識がそれを維持する。考えなくても行動する。行動せざるを得ない。

毎日1キロ散歩しよう。思ったらすぐに1キロ散歩する。翌日も強引に散歩する。そのうちに散歩しないのが気持ち悪い、心地よくない状態になる。

人は心地よい方法へ動くので、どうしても散歩しちゃうんです。


自分の理想に至るための、ほんの少しの積み重ねを強引に行ってしまう。それが現状化すればあとは自然に実現します。


ほんの少しの積み重ねって言うけど、それが解れば苦労しないぜ!


って言いたくなります。それはそうです。

でもね、それは解るべきことでなく、見えるべきことなんです。


だけどほとんどは見えないままでいる。


いわゆるストコーマ(心理的盲点)ってのがあるからです。


これを外す訓練はちょっとやっておくと良い(以前書いたかもしれません)。


訓練というより、そういうものがあるんだ、それってこういうことなんだ、ってのを知っておくと良い。

これは次回で書きます。


まずは、

失敗したこと=自分らしくなかった



自分らしく無かったこと=阿呆らしいからもうやらない




余談ですが、反省しちゃダメ、自分らしくなかった

それを自分への甘え、言い訳にしちゃうと、すべての失敗は他人のせい、自分はいつも悪くない、ってなことになっちゃいます。

これもまた、同じ失敗を繰り返し続ける結果になるので良くないです。

しちゃいけないとわかってないので、、、また同じことをやっちゃう!!

こういう繰り返しになります。こういう人っていますよね、傍目にはストレスなくていいなって思いますけど、結局は何も思ったことが実現しないことがストレスになっており、常に反抗的、好戦的な人になってしまいます。