FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワフルBabydomina軍団!

Babydominaラッシュのシオラです。

現Babydomina達には一味違う感触を得ています。

特徴としては機を見るに敏であること。

経営者や人員採用部門で従事する人にはお判りでしょうが、これは非常に稀有な資質です。

成熟した国、とりあえず飢えて死ぬことはない国、食うためでなくやりがいで仕事を選べるような恵まれた国では、生活エンジョイ派や無理せずノンビリゆったり派が増えます。

悪く言うと機を見ずに鈍な人たちが多くなるのが必然なのです。

機を見るに敏であるために、彼女達はいろんなアンテナを張り巡らしてます。

どうあるべきか自分の頭で考えているので、自然にアンテナを張れる訳です。

アンテナに引っかかったことをすぐに行動に移します。躊躇するような余計なことは考えません。

行動に移すにあたっては、囚われがありません。

囚われが発生してしまうと、回り道してしまいます。

囚われは行動を束縛するからです。

人は理性でなく感情で動くもの。感情から派生するのが囚われですので、人は囚われに従って行動せざるを得ないのです。

行動せざるを得ない、というのは正確ではありませんね。

どちらかというと囚われている人は行動しない方向に囚われます。

マイナスの感情ほど囚われやすいからです。しない、やらない、嫌だ、というのは強烈なマイナスの感情です。非常に囚われやすい感情です。

理屈でやるべきだと諭されても『やりたくないから、やらないんだよ!』となってしまいます。

マイナスに囚われること、実はそれが普通なんです。

プラスにとらわれて、やることに頑固なのは、バカか天才のどちらなので。。。


普通の人は囚われると、やらないことに頑固な状態になります。

やれやれ言うと更に囚われる。そうするとやらないことに注力します。やらないために頑張っちゃうのです。

子供に宿題をやれやれ、勉強をやれやれ、言うと余計にやりたくなくなるのと同じです。

この状態が一番指導するのに難しいのです。

端から見ると、やった方が絶対得じゃん、と思えることがあります。端から見ている人は、なんでやらないの?と不思議がりますが、それはあなたが端にいるから、つまり囚われない立場にいるからそう思えるのです。

指導したいけど出来ない。でも放っておいても手遅れになってしまう。手遅れになるまでの時間がどんどん短くなっいる世の中です。

手遅れになる前になんとか動き出したとしても、リカバーするのは相当なる苦難の道です。

最初からやっておいたのと比べると数倍のエネルギーが必要となります。

100人中99人はくじけて撤退するのです。

ですが粘って頑張れたら相当強い体幹が出来ています。今後は一切揺らがないでしょう。

囚われていたらヤバいぞ!!と本人が感じ始めた初動を捉えて指導をするのがベストです。私も忙しいのでそのタイミングを逃してしまうこともある。

そのタイミングで指導を入れることができたなら、そのドミナは相当ラッキーです。頑張ってほしい。天は見捨ててません。指導を入れるギリギリ前に勝手に結論だして撤退してしまう人も多いのです。

私から言わせるとシオラではすべてのBabydominaに平等にチャンスは与えられます。チャンスを捉えるかどうかは本人次第です。

チャンスを捉えない人は、チャンスをチャンスと意識できていない。そうなるとチャンスであっても猫に小判です。

シオラでは是非チャンスを捉える感覚、コツを身に着けてほしいのです。そしてそれを今後の人生に役立ててほしい。今後の人生でチャンスを捉えるコツを発揮してほしい。


話を戻します。


現行のBabydomina軍団にはほとんど手を入れていません。

ホンの少しの示唆を与えると、それを逃さずに考えて動く。

動き過ぎてしまうので、逆にブレーキを掛けようかなという感じ。

ゆとり世代っていうのでしょうか、自分に無理をしないことには有無を言わせない人たちが増えてしまった世の中で、このBabydomina軍団は無理しすぎるんじゃないか、頑張りすぎるんじゃないか、心配です。

兎と亀じゃないですが、突っ走り過ぎて息切れしてしまうより、時には気を抜くことも大切です。

焦り過ぎると悪い想像ばかりしてしまう。そうなると心が疲れる。心が疲れると素直になれません。

素直さは物凄い武器ですが、心が弱っていると囚われの方向へ向かってしまいます。


行動は一定の水準まで蓄積されて初めて実になります。

タイムラグを置いてから効果が表れてきます。

地中から芽を伸ばしていても、地面の上にでるまでは我慢と辛抱です。

地面から顔をのぞかせて初めて、その後に花になり実をつけます。

見る人は見ているし、ずっと見続けていると気になってくる、存在が大きくなってきます。ある水準を超えると会いたくなるでしょう。

学校や職場で気になる人がいて、とりあえず毎回気になって見てみる。見ているだけじゃ物足りなくて、いろいろ想像してみる。そうなると想像を現実にしたくなりますから、実際のアクションを起こさざるをえない。

実際のアクションを起こすまでは地中の行動です。気になる相手は何にも気づいていません。

もたもたしていたら手遅れになる可能性が高い上に、結果はなかなか出ずらい。数年前と比べると非常に過酷な環境でやっていかざるを得ないのが、少なくとも都内各店の新人ドミナ達だと思います。

まあ今回のBabydomina軍団はかなりやるでしょう。

真摯に対応し、勇気をもってチャレンジしたセッション1回は、のんべんだらりとしたセッション100回に勝ります。それらを積み重ねればどんどん伸びていくでしょう。

だからBabydomina達にはまったく心配してません。

シオラでいろんなことにチャレンジし、冒険して、人生に生かせる様々なコツや方法論を身に着けてほしいと思っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。