FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

ARTICLE PAGE

誰でも行動して選択している

ここ2,3年でしょうか。

ドミナにやるべきことをアドバイスしてみて、それがなされない時には、時間を見てあと一度だけ同じアドバイスをします。

それ以上は放置することにしました。古参のドミナからは「リエさんやさしくなった」と言われますが、決してそうではなく、あることに気付いたからです。

そのあることとは、人はやらない時でも行動しているということ。

禅問答のようですが、やらないときには、やらないという選択と行動をしているのです。本人のためを思って何度もアドバイスしてたとしても、本人はやらないための行動をそれはそれは一生懸命に行っています。

怠けようというのではなく、やりたくない、やるべきではないと考えており、やるよりも大変な苦労をしてやらない行動を取っていることもあるのです。

例えば登校拒否児童は怠けて学校へ行かないのではなく、普通の状態で普通に学校に行く児童よりも、もっともっと強いストレスと意思を以て、親や先生と闘いながら、学校へ行かないという選択と行動を取っているのです。

お互いに無駄なことはやめた方がいいかなという結論です。二度までアドバイスするのは、忘れていたり、怠けていたり、躊躇している場合や、その時の言い方や本人の感情から言われた通りにしたくないと考えた可能性もあるからです。

ですから、時間をおいてもう一度言ってみることにして、あとは何も言わないようにしています。

ドミナが私のアドバイスを聞いて、それをやるべきと思っているのにどうしてもやれない。これは潜在意識の現状維持作用なので口だけで言い聞かせて覆すのは無理です。

もちろん、これらはやらないことで本人の損になることです。絶対に守らなくてはいけないことはシオラにいる限りは譲りません。

私は毎日忙しいし、十数人のドミナを相手にしなければならないので、アドバイスすることは必要最小限にとどめています。

ドミナによっては、その中から自分で納得いくものだけを選択して、行動することもありますし、面倒くさげなことはスルーする(笑)ドミナもいます。

必要最小限なのだから、全部やってほしいとも思いますし、スルーしておけば私が次を言わないので、なんとなくやり過ごせたと思うドミナもいるでしょうが、私はきちんとそれを憶えておりますよ。言っても無駄なので言わないだけです(笑)。

素直な人は本当に伸びていきますし変わっていきます。もちろん売れっ子になります。

素直なので、私の言ったことをそのまま受け入れる、ひいいては必要最小限のアドバイスをきちんと受け入れ行動します。常に動いています。動いてから考えると言っても良いでしょう。

素直でない、頑固な人は、すぐに止まってしまう。動く前に考えるので、結局はやらないための理由を考えだし、選択し、やらないための行動をします。止まっていると潜在意識の現状維持機能が働きますので、現状維持=やらないでおく、という結論になります。

何かアドバイスをして、考えてみますという返答は、まずやらないという返答になります。お役人の検討します=やりません、と同じことだなと思いながら聞いています。

人は本気でやるときは必ず即決するものです。考えてみます、に期待してがっかりすることを繰り返して初めてこういった人間の潜在意識の作用が理解できるようになりました。

頑固な人の99%はやることに頑固なのではなく、やらないことに頑固です。石にかじりついてもやらないという姿勢です。現在の生活で絶対に維持したいものを強く、あるいはたくさん持っている人にはこの傾向が強いです。現状が変わると維持したいものを手放す可能性が高くなるので、かたくなに現状維持するのです。

現状が維持されるようなことは簡単にできるのですが、簡単に思えることでもそれをやると現状を逸脱するような可能性のあることには、潜在意識がストップをかけます。

私がベルギーにいるときに、かたくなにフランス語の勉強をやる気になれなかったこと、やらなくちゃと思っているのですがなぜかできなかった、駐在員の奥さんたちは楽しみながら簡単に勉強しているのに、、、それは私がその時点でフランス語がしゃべれるようになったら、きっとヨーロッパでドミナをやっていたからだと思います。

実際にヨーロッパで働くこともできたのですが、語学が全然なのでやっぱり日本に帰ってきてしまいました。あなおそろしや潜在意識なり!

ちょっと脱線しましたが、潜在意識の現状維持作用に引きずられにくいタイプの人がいます。

素直な人です。

素直は美徳でありますが、現代では相当に心が強くないと素直と言う性質は持てません。心が弱かったり、病んでいる人は例外なく頑固です。頑固というか、かたくなで柔軟性がないのです。自意識が過剰過ぎて、自分の意識のみで考える傾向があります。

ですが、SMは相手があってのことですし、他者の立場にたってイメージできないと成立しません。それはお店に所属してセッションを受けるという形態では絶対に必要になります。私のやりたいことだけをやりたい人だけとやる、でも誰からも予約が入らないというのでは、単なる滑稽談で終わります。

そういう場合はアドバイスだけして放っておくしかないのです。本人の潜在意識がノーと言えば、私が何を言っても覆すことは不可能です。

やらない行動はそれに応じた順当な結果をもたらしますので、それを受け入れることができるかどうかはある種の賭けになります。

結果が受け入れられないなら今とは違った行動をしなければならない、やらない期間の少なくとも二倍はやらないことによる結果の期間が続くので、それに耐えて粘れるかどうか、あきらめてギブアップするかは本人に賭けるしかありません。

次回は具体例で見ていきましょう。