FC2ブログ
Welcome to my blog

LA SIORA Recruiting

CATEGORY PAGE

category: 鞭について書いてみよう!  1/2

鞭について書いてみよう!18

No image

背中打ちの場合、頻度が高いMには背骨と平行に、あまり背骨に当たらないように心がけていました。頻度が低いのであれば、背骨を跨いでも問題なしと判断していました。また、何でも慣れが来るように、ハード鞭にも慣れがやってきます。最初は傷が治るまで2週間、3週間を要していたのに、3日で治るようになったなど、ご経験ある鞭好きもいらっしゃるのでは?これがエスカレートすると、皮膚が鈍くなるようでした。鞭に強くなった...

  •  0
  •  0

鞭について書いてみよう!17

No image

ハード鞭の場合、プレイ頻度と皮膚状態で打ち方を変えると書きました。経験によるものなので正しいとは言えませんが、注意点をあげます。素人ドミナから1本鞭の相談を受けるので、お役に立てばと思い、シオラの新人講習で話していることを書きます。毎週欠かさず、下手すれば週2回も、長時間ハード鞭を受けに来るMが多く、引退した時、右手首が一見してわかるくらい太かったです。2~3時間の予約で、その内の1時間ちょいは1本鞭...

  •  0
  •  0

鞭について書いてみよう!16

No image

目に当たれば失明にもなりかねません。首の辺りに鞭が飛ぶと言うのは、相手がひょんなことで振り向いた時に目に当たるということです。なので、最も避けるのは首から上です。これは鞭だけでなくどんなプレイでもそうですが、常に相手の動きを想定してセッションを進行することは大切なのでは?事故を防ぐ為にも、M心理や身体を弄ぶ為にも。他にも脇腹や腰に当ててはいけないなど言われますが、脇腹に打たれるのが好きなMもいます...

  •  0
  •  0

鞭について書いてみよう!15

No image

鞭について書いていました。仕上げに今日より注意点をお届けします。初心者の方から質問もよくいただきますので、私の経験からで宜しければご参考になさって下さい。軽い鞭であれば、的確にあてれば問題はないと思います。ただどんな場合も気をつけて貰いたいのが、「目や首を避けること」です。日本ではM側が四つん這いになり、後ろから打つスタイルが一番多いです。鞭の美味しさを熟知しているMは、今か今かと「その時」を待ち...

  •  0
  •  0

鞭について書いてみよう!14

No image

今相手が抱いている感情や感覚への想像力、それらをより高めるアプローチ、一線を越えさせる為のある種の残忍性。言葉なくとも同じビジョンを展開してゆける同調が必要なわけ・・・簡単に言うと、タイミングや波を読む勘の方が大切だし、難しい。これらは鞭に強いMで練習しても、学ぶこと、感じることは出来ない。ただ鞭を打つだけの行為なら、ウィップクラッキングの方が練習になる。今現在私から1本鞭打ちっぱなしを受けている...

  •  0
  •  0

鞭について書いてみよう!13

No image

新人の頃、Yから貴重な鞭の体験をさせてもらったせいか、鞭への興味も、ビジュアルから本質へと目覚めた。1本鞭打ちっぱなしのMが多くなり、羨ましがられた。「いいな、リエさんは1本鞭をたくさん打てて。」とよく言われた。「誰か打てる人で、1本鞭の練習させて下さい。」ともお願いされた。なので、鞭好きMに練習台を頼んだこともある。結論から言うと、こんな行為が鞭の勉強になるのは微々たるもの。「鞭の当たり方」は勉強...

  •  0
  •  0

鞭について書いてみよう!12

No image

確か新人の頃の話、バラ鞭の良さを初めて知った瞬間だったかな?Yの背中を「祓う?」ようにじわじわと鞭を吸い込ませていった。シオラで知り合った鞭マニアの奴隷が「リエさんにバラ鞭を打ってもらった時、愛撫されているようで本当に気持ちいいなぁって思った。」と言っていたけど、あの時、出足はそんな鞭をイメージしていたのかもしれない。さて、新人の頃に話を戻して・・・背中から出ていた黒いもやもやが白くなった時、1本...

  •  0
  •  0

鞭について書いてみよう!11

No image

バラ鞭を背中に撫でた。まさに、打つってよりも「撫でる」。少しづつ力を込めていったけれど、決して打ちはしなかった。打たない。撫でる。次にもう少し強く撫でる。次には鞭を「吸い付かせた」。やっぱり打つのではなくて、鞭先がYの背中に吸い付くことを意識して、一発一発丁寧に吸い付かせた。このプレイのこの瞬間、初めてバラ鞭の良さを知ったのかもしれない。そして、1本鞭がどんな鞭であるかも。実感は得る前だったけど、...

  •  0
  •  0

鞭について書いてみよう!10

No image

道具や場所などに恵まれなくても、SMなんてMがいれば何とでもなる。そりゃあ、道具も場所も恵まれた方がいいけれど、無くても何とかなる。出来れば1本鞭ひとつだけは絶対に欲しいけど。(笑)「無い物を探すから、それを補おうと贅沢になる。」私がお世話になっているフィジカル&メンタルトレーナーのおっしゃった印象的な言葉。精神的にも物質的にも置き換えて考えれば、SMの大切な部分が見えてくる。Yとのプレイを進行してい...

  •  0
  •  0

鞭について書いてみよう!9

No image

新人の頃のたったひとつのプレイで、SM、鞭の深みにはまってしまった私。あのセッションがなかったら、絶対にSMクラブは辞めていた。場所は名古屋の何てことない普通のファッションホテル。東京のアルファインのようなSMホテルもなく、環境には恵まれず、椅子やテーブル、ベットの脚や、ハンガーを掛けるフックまでを工夫して何とか理想のセッションに近づけようと試行錯誤していた頃。SMバーもなかったし、縛り、吊りなんてとんで...

  •  0
  •  0